妖怪【フィッシングジャンキー】に取り付かれた皆様、こんにちは


本日の潮周り:若潮(月齢9.7)
満潮:8時42分 干潮:16:49


娘っこから『父ちゃん・釣り行きた~い』っとのお誘い

当然行くっしょ。

ってことで、今週末も行ってまいりました。

2人では照れくさいのか、急遽長男も勧誘しての3人釣行。

1時30分に出発・いつものスーパーにて買い出しからの、
現地近くのコンビニに4時30分到着。

これまたいつも通り軽い晩酌からの仮眠

6時起床後、いつもの朝どん兵をすませ、6時半にマリーナ出航

っの、つもりが、うねりの高さから6時半にボートを下し、6時50分出航

予報では、朝方波高1mうねり入る。風はそこそこ。

しかし走り出してみると、湾内にもそこそこうねりが入り、風も吹いています。

image

予報通り、曇り空にたたずむ蒼島

蒼島をバックに道具のセッティグ。

話し合いの結果

父:ジャンキー玉 緑金(75g・94g)

娘:ジャンキー玉 赤金(94g)

息子:ジャンキー玉 オレンジ金(94g)

で、色を変えてヒットパターンを探すことに。

今日は子供たちがメインとなるので、Nグリ近辺の浅場釣行

最近の釣果状況と、本日の海峡状況からTグリ・Aグリ

普段は30分~40分で到着する場所に、1時間以上かけて到着。

湾口付近から結構な高さのうねり波。

とにかく、楽しく釣りをしますか~

え・えっ・ええ~~~っ

肝心の娘っこ、船酔いでダウン。

お~~~い、何しに来たんだよ~~~。

前日中々寝つけずに、ほぼ無睡の状態でこの海峡状況。

仕方がないか~。

ダブルパンチはボートに常備の酔い止めが行方不明に。

長男は眠いからしばらく寝るって状態なので、一人釣りを始めます。


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き



満潮の8時半を前に、まだまだ底潮はいい感じ

何投か爆撃を繰り返していると


巻き巻き・巻き巻き・ゴン・ゴンゴン!!


さっそく朝一で待望のヒット

いい感じに首を振り、ほんの少し滑らせるドラグ

やり取りを楽しみ、上がって来たのは・・・

image

 40cmジャストのアオちゃんでした。

ボーズ回避とお土産ゲットで、気が軽くなります。

いつものようにエア抜き後、生簀へ。

少しずつ流しコースを変えながら爆撃するも、モソ~っとした感じがあるだけで、
明確なヒットが出ず、たまに当たってもネクタイ噛み噛みって感じ。

そうこうしていたら、なんとなく潮止まり。

ここで娘が起き上がり、船酔い状態でも参戦。

お前、いい根性してるよ。

トレースラインを沖目の60mラインに移動し爆撃開始。


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き


数投後に、『やっぱりキモい』って言葉を残し、再び離脱

仕方がないので一人で爆撃


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き・ゴン・ゴンゴンギュルルル~!!


この当たり方・この引き応え・この走り、大物確定。

しかも滑り出すドラグに、大鯛の予感。

ドラグを徐々に締め込みながら、フルロック手前でようやく止まり、

真剣勝負の始まり。

しかし、中々上がってく気配がありません。

最初の5分は10m巻いて10m走る、5m巻いて5m走る。

10分を過ぎたあたりから、徐々に巻き上がり始め、

10m巻いてはゴンゴン抵抗・少し走る

何度かの突っ込みをかわし、ようやくリーダーが入るあたりでまた走る。

一瞬青物か!?っと思いながら、最後の抵抗をかわし沖目に浮かび上がる

白い魚体の正体は!!


image

えっ、お前ってこんなに引くの!!人生最大級のアオちゃんでした。

DRESSの計測は異常な数値ですが、実測63.5cm

口はこぶしが2つ入りそうなモンスター級アオちゃん

こんなに大きくなるんですね~

帰宅後に重さを計測すると3.4㎏、ヘビー級でした。

真鯛か青物を思い浮かべてのファイトだったので、少し微妙でしたが、

それはそれで良い釣り物です。

美味しくいただくべく、きっちりとエア抜きを行い、生簀へ。

40cmのアオちゃんが子供に見えます。

ここがチャンスと、再度トレースラインをずらして爆撃再開。


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き


早めのリトリーブに、スリップストリームの感触

再度投下し


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き・ゴンギュルルルル~~~!!

今度は強烈なファーストダッシュ、10m・20m・30m

ラインの止まりそうな気配なし。

ドラグの締め込み&徐々にかける指ドラグで、 50m以上出たところで、
ようやくファイト開始。

激しい引き込みをかわしながら、徐々に巻きかげていくと、いきなり無抵抗!?

フックアウト!?って思うくらいスルスル上がりだしてくる感触、そう思うといきなりのダッシュ

最後に船べり近くで大きく抵抗、10m走り出すお前は・・・

image

実測82cmのサワラちゃんでした。

綺麗に閂にフッキングしていたため、アシストラインを切られることもなく、
無事にランディング出来ました。

お刺身でいただくべく、内臓・鰓を処理し、きっちり血抜きをしてクーラーへ。

ここで時刻は10時前。

心地よいファイトに感と2連続大物ファイトの充足感、加えて寝不足が加わり、

徐々に睡魔が襲ってきます。

するとここで長男が起床。

多少の船酔い感があったものの、単なる睡魔に襲われていただけらしく、
すぐさま爆撃開始。

ここで見張りを長男に任せ、しばしのシエスタに。

小一時間過ぎたのでしょうか、『釣れた~』の歓声。

あわてて目を覚ますと

image

30cmオーバーのアオちゃんを釣り上げてました。

釣り上げる以前にも、何かとファイトをしていたらしく、

『さっきかかった奴は、もっと引いたんだって~』っという悔しがりよう。

中々いいジャンキーの素質を覗かせます。

その後2人でそろってミニESOちゃんとのご挨拶を済ませたところで小移動

海況も少し収まりをみせていたので、70mラインへ

しかし、ここでもチビアオちゃんを追加しただけ。

12時を回り、自分達も腹ごしらえ。

最後のドラマ魚を求めて、80mラインで勝負


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き・ゴンギュル~~~!!


来ました~。来ちゃいました~。今度こそ大鯛確定!!

ファーストダッシュをかわし三段引き、今一度走るタイミングで追いフッキング!!


すかっ!!


え~~~、このタイミングでフックアウト・・・

本日一番のチャンスを逃し、少し落胆

気を取り直して爆撃するも反応なし。

底潮も微妙な感じとなり、残り時間を考慮して、徐々に浅場に戻りながら


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き


時々上がってくるのは、チビアオちゃん。

13時半を回り、ラスト勝負は前々回ドラマを起こした35mラインへ

ここが最後なぁ~と声をかけ爆撃を開始すると、最後に娘っ子が参戦

コヤツ、何かやらかすからな~っと思いながら巻き巻きしていると

『根掛りかなぁ~』『なんだか重いんですけど・・・』

何やらブツクサと言いながら長男が竿を曲げています。

『いや、何か来たぁ~~~、結構重いんだけど~』

っといいながらのファイト

いい感じの首ふりとダッシュ

最後のドラマ魚!?っと期待しながらタモを準備。

リーダーが入り姿を見せたのは!?

image

40cmチョイのアコウちゃんでした。

そういえば寝る前に、不意に大物が来ても良いように、少し緩めのドラグ設定に。

まぁ~、楽しめたで良いでしょう。

その後、私もチビアコウをゲットして、本日のストップフィッシュ。

最後に復帰した娘は、初のボーズを味わう結果となりました。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックお願いしますm(_ _)m


帰港時は湾内もうねりが高く、ボートを接岸・昇降するのも一苦労。

やっぱり自然が相手の遊びということを痛感いたしました。


本日の釣果

アオハタ 25cm~63.5cm 8匹
キジハタ 25cm~39cm 2匹
サワラ 82cm 1匹
ESO 20cm~30cm 3匹

本日の真鯛カウンター:0匹

今年の真鯛カウンター:11匹

☆★☆★☆★☆今日はこの子達が頑張りました☆★☆★☆★☆

image

ジャンキー玉 緑金 緑青 75g 94g


image
 
ジャンキー玉 オレンジ金 94g


image
 
ジャンキー玉 赤金 94g



帰宅途中、予定していた【びっくりチャーシュー麺じん】にて晩御飯
『びっくりチャーシューメン』を注文するも売り切れ


仕方なく普通のチャーシュウ麺を注文したはずが、何故かチャーハンに。

まぁ、チャーハンも美味しいのでいいのですが・・・。


『皆さん、釣りって、本当~にいいですね~』

それでは。