Nagoya Fishing Junkie

名古屋在住のフィッシングジャンキー!! 小浜沖にてマイボートでのタイラバ・ジギング爆撃中 時折ツレの2馬力ゴムボートにて、越前近辺や三重方面の爆撃も。 ゴムボの方がいい釣果って事には触れないで~(笑) オリジナルフィッシングギア作成も楽しんでまぁ~す。

2016小浜釣行11 酷暑の修行僧釣行 8月14日 6:30~13:00

妖怪【フィッシングジャンキー】に取り付かれた皆様、こんにちは

リオオリンピックに沸く世間。
夏季休暇を満喫する世間。
しかし私はお仕事と所用が・・・。

ところが工事がことのほか順調に進み、14日は時間ができる。
行く?行くでしょ!!
って感じで、約一か月ぶりの小浜です。

前日夜遅くまでのとあるミーティングを経て、2時30分出発。
いつもの深夜スーパーにて食料を飲料を買い、一路小浜へ。

途中、マリーナの先輩を追い越し、ハザードで挨拶。

近くのコンビニに5時30分に到着からの朝どん兵。

臨戦態勢整い、6時30分出撃

 image

朝焼けに霞む蒼島

この時間帯は涼しく気持ちいいですね~

出航前にマリーナの先輩から最近の釣果情報を入手

真鯛は浅場にさしてきているとのこと。

その情報を頼りに、湾口付近からチェック開始

湾口近辺に、大きな魚信は確認できないが、とりあえず。

ジャンキー玉56g赤金、発進


巻き巻き・ 巻き巻き・巻き巻き


やはり無反応

しかも湾口なのに全然底潮が動いていない気が・・・

徐々に移動しS沖40m付近で、魚探にて敵機発見

すかさず爆撃再開


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き


ここでも魚は無反応

やはり底潮がスッカスカです。

諦めずにトレースコースを変えながら、重点爆撃


巻き巻き巻き巻き巻き巻き・ドン


活性を上げようと、超高速リトリーブ時に、引ったくりバイト

大きさはさほどでもないが、小気味よく引きながら上がって来たのは・・・


image
 
丸々太った30cmのレンコちゃん

先ずはボーズを逃れて一安心。

しかし、全然底潮が動きません。


徐々にNグリに近づきながら爆撃続行

ジャカジャカ・ジャ~カ・ジャ~カ・ドン・ギュルル~~~

スロー系ジグを引ったくり、ぶるぶる震えながら激しい抵抗

コヤツの正体は!!


image
 
60近いESOちゃん、久しぶりのご挨拶でした。


少しは活性が上がって来た!?と思い、これまでの経験から、
エソが居る所には真鯛も居ると言い聞かせ、爆撃続行


シャカ・シャカ・シャカ・シャ~カ・シャ~カ・ピタキュル~~

真鯛特有のゴンゴン頭を振りながら、走り出す魚。

しかし次の瞬間フックアウト

止できたせいか、フッキングが甘かったのか・・・

しかし、真鯛が居ることを確認でき、俄然意欲が増してきます。

時刻はすでに9時30分。しかもこの時点では、お日様が雲に隠れ、
快適な気分での釣行。いつまでこの快適さが続くのか・・・


再度トレースラインを戻して爆撃再開

ジャンキー玉56g赤金。行きま~す。


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き・もわぁ~


ジャンキー玉の後ろにスリップストリームのような感触の重み

すかさず落として


巻き巻き巻き巻き・巻き巻き・巻き・ゴン・ゴンゴンギュ~~~ン!!


瞬間高速リトリーブからの変則リトリーブ

一気に走り出すライン。

20m位走ったところでダッシュが止まり、ファイト開始

しかし手に伝わる感触は少し違和感が・・・

たぶんあまりいい感じのフッキングではないような!?

フックアウトを気にしながら、緩めのドラグでゆっくりファイト。

魚の頭をこっちに向けたまま、抵抗しないようにゆっくり引き上げてくる。

10分かけて、ようやく残り30mを切ったあたりで、大きく魚が抵抗

独特の三段引きから小ダッシュ

次の瞬間、一本針が外れた感触。

なんとかいなして巻き上げにかかりますが、抵抗が大きい

ゴンゴン・ゴンゴンゴン・・・

はい、フックアウト。

2連続のバラし


残りの時間、嫌な感じがします。

ここで湾内でお土産のアジを確保した先輩が偵察に。

状況報告に


『最近出撃回数が少ないから、腕が鈍ってるんじゃないの』


っと厳しいお言葉。

いえいえ、もともと大した腕ではございません・・・。

しかも、この後パッタリと当たりが止まり、Nグリ周りを叩くも無反応

痺れを切らせて、いつもの深場に移動

いつものポイントを70mライン・80mラインと転々としてきますが、

相変わらず動かない潮に苦しめられます。

しかも、ついに真夏の大敵、太陽が容赦なく照りつけてきます。

風もなくベタ凪鏡水面に、動かない底潮。

80mラインでも、56gのジャンキー玉でいとも簡単に底どり。

しかもラインがまっすぐ立った状態。

巻いても巻いてもスッカスカ

時折釣れるのは、ESO・ちびレンコ・ちびアオちゃん

10時半の満潮を過ぎ、下げに転じても変化なし

激烈な暑さに、大量に仕入れたドリンクも底を尽きかけ、

冷やし担担麺を食べて気力を振り絞りAグリ近くで爆撃していると

再び先輩が近くに。

やはりジグ・タイラバでは渋いとのこと

Aグリ付近では、魚探の反応は良いものの、相変わらずの状況

時刻も12時を回り、沖上がりが時刻も近づいて来たので、

徐々に浅場に移動しつつ、ポイントと潮目を絡めて定点爆撃

このころようやく潮が動き始めてきた感じで


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き


徐々にラインが斜めに入り、いい感じの重みがジャンキー玉から伝わってきます。


巻き巻き・巻き巻き・コッコッコ・ゴンゴン・ギュル


小気味よい当たりに大きくフッキング

コンコン小気味よく頭を振りながら、潮の重みのため時間をかけて上がって来たのは・・・


image

ちび真鯛と思いながら上げて来ましたが、小浜では初のチダイちゃんでした。


久しぶりのお土産フィッシュも、微妙な感じで爆撃再開



70m・60m・50mラインと転々とするも、釣れるのはエソのみ。

ここで時刻は13時前。

諦めきれずに、湾口付近40mラインで、最後の戦い

このころになると潮はぶっ飛び

ジャンキー玉112g緑金でも、4~5回のリトリーブで底取り不能

『そろそろ上がるよ~』

帰路の途中で声をかけてくれる先輩

釣果を聞くとAグリ付近で粘り、真鯛とデカホウボウを追加

Aグリ付近で粘るべきだったか~っと悔しがりながら、

先輩を見送りつつ、最後の爆撃


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き


潮に引っ張られ、引きずられるライン


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き・もさ~


潮の重さ以外に、微妙な違和感


巻き・ゴンシュルルルル~!!

ぶっ飛び始めた潮に乗り、放出し続けるライン。

30・40・50mと出ていき、徐々に指ドラグで抑え込み、

70m位放出したとこでなんとか止めてファイト開始。

ファーストダッシュもさることながら、ゴンゴン来る三段引きに

大鯛を確信。

しかし潮の重みもあり、全然巻け無いライン。

4キロ近くのドラグをかけても、空回りのスプール

指ドラグとポンピングで、時間をかけながらのファイト

魚の頭をこちらに向けたまま、できるだけ抵抗させないように慎重なやり取り。

沖上がり予定時刻が近づく中、15分ほどでなんとか残り50m。

40m・30mと巻き上げ残り20mのラインが見えたとき、

ここで何かに気付いたかの様に、大きく抵抗を開始

ゴンゴンゴン・ギュルル・ゴンゴンゴン

再三の抵抗をかわし、沖合に浮かび上がる白い魚体

気が付くと海保が見守る中、姿を見せたのは・・・

image

速報値72.5m ピンク色の美しい雌の大鯛ちゃんでした。

まさにラストにドラマ

だから釣りは止められません。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックお願いしますm(_ _)m


帰港後に先輩に釣果を報告

今度は流石タイラバ王とのお褒めの言葉。

酷暑の中の動かない潮に苦戦する修行僧釣行でしたが、

最後の大鯛で、すべての苦行が吹っ飛びました。


☆★☆★☆★☆今日はこの子達が頑張りました☆★☆★☆★☆

image

ジャンキー玉 56g 赤金


image

ジャンキー玉 75g オレンジ金 


image


ジャンキー玉 112g 緑金


スロー系ジグ200g(写真・名前ともに忘れました)


帰宅後、ラストの大鯛を捌いて晩酌のお供に

腹身脂ノリノリで激旨でした。


『皆さん、釣りって、本当~にいいですね~』

それでは。

自作タイラバ Part5 【ジャンキー玉】収納ケース

妖怪【フィッシングジャンキー】に取り付かれた皆様、こんにちは


今週末も釣行を計画していましたが、所用が外せず待機です。

そこで、久しぶりに自作に励んでみました。

今回作成したのはジャンキー玉をボートに保管するためのケース。

今まではカディー内に置いているドカットの中に入れていましたが、

出し入れが面倒くさく、簡単に出し入れができるよう、コックピットの
コンソールに入るサイズのものを探していました。

中々ちょうどいいサイズのものがなく、あっても高価。

そこで、久しぶりに自作魂がメラメラと。

結構納得のいくものができたのでご紹介させていただきます。


先ずは材料から。

今回もダイソーがフル活躍

image

・A5書類収納ケース

・カラーボード

image

 ・EVAスポンジシート

400円で2つ作成することができ、かなり経済的。


それでは制作方法です。


【第1工程 カラーボード裁断】


image
 
最初にカラーボードを大体の大きさで8等分にカット

A5サイズより少し大きくなります。


【第2行程 型の切り出し】


image

カットしたカラーボードの上からA5書類ケースを押し付け、痕を付けます。

あまり強く押し付けすぎないのがコツです。

image

簡単にこんな感じで痕が付きます。 

次はその痕を目印にカット

image
 
このような形に切り出します。

この型を元に、同じものを3枚作成

image
 
同様の方法でEVAシートも切り出します。


【第3行程 カラーボード抜き】

次はジャンキー玉を固定するための穴を切り抜き。

ジャンキー玉は30号・25号・20号・15号と大きさが4種類。

それぞれの大きさに合わせてコンパスカッターで切り抜いていきます。

image

上から、15号:23㎜ 30号:28㎜ 25号:28㎜ 20号:25㎜を1枚

同様に少し切抜きサイズを小さくして、

15号:22㎜ 30号:26㎜ 25号:26㎜ 20号:24㎜を2枚作ります。


【第4工程 組み上げ】

組立といっても、順に重ねていくだけ

image

 最初にEVAシート

image
 
次に穴の小さいシート

image
 
その上に穴の大きいシート

image
 
最後に蓋側に穴の小さいシート

組上げるとこんな感じ

image

完成です。

中々いいんじゃないですか


image

ジャンキー玉に合わせて作っているから、大きさもぴったり。

image

 蓋を閉めてもピッタリです。

これで、ボートのコンソールに入れておいても、振動で擦れたりすることもなく、
きれいに保管でき、簡単に取り出せます。

今回も、なかなか納得のいくものが作成出来ました。

しかも1つあたり200円。

しばらくはこのジャンキー玉ケースを使用していきます。

 にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村
↑よろしければクリックお願いしますm(_ _)m

『皆さん、釣り具の自作って、本当~にいいですね~』

それで
は。

2016小浜釣行9・10 暑さに負けず、渋さに負けず…

妖怪【フィッシングジャンキー】に取り付かれた皆様、こんにちは
 
暑い・暑いですね~
最近は仕事や所用が忙しく、なかなか海にくりだせません。
そんな中、なんとか時間を確保し行って参りました。

少し前の報告から。


7月2日(土)、家族で釣行

娘が釣りに行きたいのお言葉に、前日22時に出発。

1時に現地近くのコンビニに。

家族で釣行の際はハイエースのため、晩酌からの仮眠がとても楽です。

少しゆっくりの6時15分にマリーナ到着。

そそくさと準備を済ませ、6時30分の出航です。

image

家族釣行のためか、いつものペースで蒼島を撮影するのを忘れ、
湾口付近の島影です。

朝日が本日の暑さを予感させますね~。

湾口近辺で子供たちにジャンキー玉をレクチャー。
すぐに感覚を取り戻したようで、沖のポイントへ向かいます。

まずは50mラインでIグリ周りから開始。


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き


魚探には良い反応がありますが、なかなかヒットしません。


今度は少し沖の65mライン、Tグリの離れで爆撃再開


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き


うんっ、なんか来た~

やっぱりコヤツ持ってます。

釣りに行くと何釣りでも必ずゲット。しかもほとんど最初に釣り上げます。

中々の引きを感応し、上がってきたのは・・・



 image

良型のホウボウちゃん

その後、ポイントを転々とし、

image
 
嫁の釣り上げたESOちゃん

image
 
息子の釣り上げたレンコちゃん。

ほかにも、キジハタ・アオハタなどを釣り上げ、間もなく時刻は11時。

日も高くなり、体中日焼けとの戦いの中、最後にAグリ離れのちょぼグリへ


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き・コッコッコ・コッコ・ゴ~ン


待望のファーストダッシュ

ゴンゴンゴンの3段引き

十分に引きを堪能

上がってきたのは・・・

image

なんとか60をゲットでき、暑さとの戦いの中、楽しい時間を堪能しました。

その後、爆風に見舞われ、ずぶぬれになりながらの帰港となりました。


それから幾日か過ぎ7月16日(土)

この日もなんとか18時まで時間を確保できたので、行ってきました。

涼しげな朝の海

image

気持ちいい時間帯はいつまで続くのか・・・


本日は東側から調査開始

イカメタルでイカの調査をミッションに加え爆撃開始。

先ずは鉄板Nグリ周りで


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き・・・

シャッシャッシャ・シャッシャッシャ・ポーズ


潮がぶっ飛び釣り辛い状況。

Nグリ周りを東西南北攻めますが、ジャンキー玉・イカメタル共、一向に当たりません。

ならばと沖の70mラインへ移動 


巻き巻き・巻き巻き・巻き巻き


同行者のジャンキー候補生が、 なんだか重いと思いながら回収してくると

image
 
釣ったというより、釣れちゃった青ちゃんでした。


その後も75mラインで

巻き巻き・巻き巻き・ゴン

image

キジハタ

その後もアオハタ・キジハタと追加をしていき

80mラインにて待望の引き込み

小気味よく首を振り3段引き!?

サイズは食べごろサイズか!?

いろいろ考えながら上がってきたのは・・・

30ちょっとのレンコちゃんでした。

写真はサイズ的なことと、暑さで全然取ってません。

すみません。

なんだかんだと1日頑張りましたが、釣果は

キジハタ 2匹
アオハタ 4匹
レンコ  2匹

狙いのイカはさっぱりでした。

腕が悪いのか、ポイント選びがわるいのか、はたまたイカが居なかったのか・・・


中々時間が取れず、少しいい加減なブログアップとなってしまいましたが、ご勘弁を。

『皆さん、釣りって、本当~にいいですね~』

それでは。
 
livedoor プロフィール
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
 ランキング参加中        ↓クリックお願いします↓
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

こちらのランキングもヨロシコ!!
QRコード
QRコード